Revolut で海外送金 🌍 | International transfers with Revolut

製品 · 2024年6月1日TEAM REVOLUT JAPAN

🆕 2024年2月26日付のデビットカードからチャージされた資金の取り扱い方の変更に伴い、一部内容を更新いたしました。

English version is available here.

みなさまは海外送金される時どのようにされていますか?
銀行で窓口やATMを利用される方もいれば、海外送金に特化したサービスを利用する方もいらっしゃると思います。

Revolutでは国内銀行への送金だけではなく、海外送金もできることをご存じでしたか?
※海外送金時には事前にマイナンバーの届出が必要です。

Revolut アプリを利用して海外送金を行うことで、銀行で長時間待ったり、高い手数料を支払う必要がなくなります。
Revolut では送金手数料が、原則として【無料】になります!

※送金元の銀行の取り扱いに応じて銀行振込手数料が発生する場合があります。また、送金時に銀行を中継して送金を行う場合があります。それにより中継銀行等の手数料が発生する場合もあります。詳しくはFAQをご覧ください

※海外送金時には事前にマイナンバーの届出が必要です。マイナンバーについて詳しくはFAQをご覧ください

⚠️ 重要⚠️  送金できる資金について

送金できる資金

  • 「銀行振込」によりチャージされた資金
  • Revolutのお客様同士の国際送金(送金は原則瞬時、手数料なし)

送金できない資金

  • 「クレジットカード」「デビットカード」「プリペイドカード」でチャージされた資金
  • 100万円を超える相当額の送金

海外送金の方法

1. Revolut アプリを開き、画面中央付近に表示されている「⇄ 送金」をタップ

2. 「国際送金」をタップし、送金先の国を選択

3. 送金額を入力し、「続行」をタップ

4. 送金先の口座情報やその他必要情報を入力し、送金先情報を登録

5. 送金先・送金額をご確認の上、送金を実施

こんな使い方も

送金先の国の通貨以外で送金を行いたい

送金したい額の入力画面では、デフォルトで送金先国の通貨が表示されていますが、他の通貨を送金したい場合は、表示されている通貨を選択し、ご希望の通貨をお選びください。

送金先の国の通貨を持っていない時には?

送金に使用する通貨を持っていない場合は、送金時にその時のレートで自動両替の上、送金することも可能です。
例えば、アメリカの銀行口座にUSドルを送金する際、USドルを持っておらず日本円しか持っていないとします。送金したい額の入力画面で、通貨の下に表示されている「残高:」をタップいただくことで、送金時に利用したい通貨を変更することできるので、事前に両替しておく必要はありません。


次はRevolutで銀行送金🏦する方法をご紹介いたします。

記事の共有